読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

時給単価が高い仕事の場合、仕事→節約→投資の順に検討すべき

医者は日本の職業の中でも、比較的時給単価が高い仕事の一つだと思う。

外来バイトをやれば、時給1万円以上、割が良いバイトであれば時給15000円程度も実現可能だからだ。

時給単価が高いバイトの場合、資産形成において優先すべきは1) 仕事、2) 節約、3) 投資の順番になる。

仕事と節約について考えずに、投資だけで資産形成をしようと考えると必ず失敗するわけ。今日はそのことについて掘り下げてみる。

 

f:id:shinkei807:20170327212814j:plain

時給単価の高い仕事の場合、優先順位は仕事→節約→投資の順と考える

まずは自分の労働の効率を見直し、単位時間あたりの収入を最大化する

医者の場合、多忙であることが多いため、ただ毎日目の前に発生する仕事を淡々とこなすだけの日常になっている先生も多いと思う。

ただし、人間はあまりに多忙すぎると冷静な思考力が失われるため非常に問題。常に、自分の置かれている状況を客観的に分析する癖はつけておく必要がある。

 

資産形成を考える上では、日々のルーチンワークをいかに効率よく終えて、それ以上の付加価値のある仕事に取り組む時間を増やすか考えよう。

具体的には、メイン病院の仕事は残業無しでできるだけ定時に終わらせることが理想。そのうえで、空いた時間でできるだけ時給単価の高い日勤や当直バイトをこなすことだ。

先輩から紹介されたバイトを言われるがままにこなしている先生も多いようだが、自分の貴重な時間を切り売りするわけだから、時間に対する収入が割にあっているかは常に考える必要がある。

時給単価の高いバイトに切り替えるだけで、収入が100万円単位でアップすることはしばしば経験すること。

 

医師であれば、定期非常勤やスポットアルバイトの求人サイトを活用する

医師であれば、求人サイトを利用することで、効率よく求人情報を集めることが可能。

具体的には、

・Dr 転職ナビ

・民間医局

・m3 career

・医師バイトドットコム

・リクルートドクターズキャリア

などの求人サイトを利用することになる。

これらのサイトでは、都市圏であればほぼ毎日新しい求人情報が登録されている。条件の良い求人(勤務が楽な割に給料が良い)はすぐに売れていってしまうので、早めに問い合わせをするように。

毎日いくつも求人サイトをチェックしている暇はない、という先生は、あらかじめ自分の求める求人条件を登録しておいて、その条件に合致する求人が出た時にメールで連絡がくる機能もあるので、ぜひ活用するとよいと思う。

5つも6つもアルバイトをこなせる先生は稀だろうから、1つ1つのアルバイトを選ぶ時に、労働内容に比して時給単価がよいものを妥協せずに選ぶことが重要。

 

投資は絶好の機会が訪れるまでじっくりと待ち、その間は仕事と節約に集中する

先日も記事にしたように、絶好の投資の機会というのは数年に一回程度しか訪れないもの。

その機会が訪れるまでは、

・大勝負に出られるように現金をストックしておく。1000万円はほしい

・絶好の機会を見逃さないよう、普段から経済新聞や経済雑誌、ネットニュースなどで情報収集を欠かさないようにする

これが正解だと思う。

小さな相場の変動に右往左往している時間があったら、その分医者としての時給単価が高い仕事をこなした方が、よほど効率的だということ。

 

まとめ

医師のように時給単価が高い仕事の場合、資産形成においては仕事→節約→投資の順番!