読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

逆張り投資家は下げ止まりがないモノに投資をしてはいけない

このブログでは以前から、時間のない医師にも可能な投資手法として、長期保有の逆張り投資を推奨してきた。

もしこの手法をとるのならば、絶対に手を出してはならないものがある。

それは、下げ止まりがない企業や業界の株式だ。

f:id:shinkei807:20170324160153j:plain

逆張り投資家は、いずれ底を打って上昇が見込めるものだけに投資をする

これが大前提だ。

相場の底に向かって必死に買い下がったあげく、その会社がつぶれてしまってはショックのあまり夜も眠られない。

余剰資金で株をやっている人ならいったん撤退すればよいだけだが、虎の子の生活資金まで投資に回してしまったとしたら、自殺者が出る状況だ。

こういう人は大抵冷静な判断ができなくなっているため、退き時も分からずどん底まで落ちていくしかない。

投資は余剰資金で、というのは当たり前のことだけど再確認しておこう。

 

最低でも数社に分けて分散投資をする

投資の格言の中でも最も有名なものに「タマゴを一つのカゴに盛るな」というものがある。

これはまさにその通りで、逆張り投資は相場の底に向かって投資をすることになるので、最も怖いのは投資対象が倒産してしまうことだ。

逆張り投資家にとって、株価が下がっていくことは織り込み済みだが、世の中から投資対象が消えてしまってはどうしようもない。

山一證券やそごう、NOVAなどの大企業でもつぶれる可能性があるわけだから、自分の判断では絶対大丈夫だと確信を持ったとしても、一企業だけに集中投資することはあまりに危険だろう。

 

逆張り投資家の投資対象の条件とは

上記のことを考えると、逆張り投資家の投資対象としては、企業体質には問題がなく、バランスシートが良好で、業績が悪化することはあっても倒産することはない企業ということなる。

 

具体的には、

1) 好業績の超優良銘柄(米国で言うところのブルーチップ銘柄)

・一時的に業績が悪化することはあってもつぶれることは考えにくい

・問題は、大不況の時にはある程度値は下げるが、中小企業ほど倒産ギリギリまで売り込まれる可能性は低いので、中小企業投資ほど大儲けはしにくい

 

2) 生活に必須なジャンル:電力やガス、食品、通信系など

・あくまで日本が前提だが、今の日本で電力やガス会社が無くなる可能性は考えられないし、食品業界も大手であれば倒産は考えにくい。

・スマートフォンは一人一台保有が当たり前の時代であり、通信系業界も消滅するとは思われない。

 

上記はあくまで一例。他にも優れた投資対象はあると思いますが、倒産だけは避けないとということ。

 

こういう企業には投資しない方がいいかも

いわゆるグロース株。高成長株とも言う。

株式市況が良い時に、雑誌などで素人向けの株特集が組まれた時に大々的に取り上げられる可能性が高い企業。

株価というのは投資家の期待値を反映した価格になるため、投資家の期待値が高い株は実際よりも割高になりやすい。

高値づかみする可能性が高いため、初心者は投資対象にしないほうが無難。

また、ブルーチップ銘柄と比べると値動きが激しいために上級者向けの投資対象となる。逆張り投資家には推奨できない。

 

まとめ

・逆張り投資家の最大のリスクは投資した企業自体が不況に耐えられなくて倒産してしまうこと

・それを防ぐためには、経営基盤やバランスシートが良好で、大型企業の株式を買うようにする