読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

日記のつもりで始めたのになぜか1000PVを超えてしまった

ブログを始めて2ヶ月半になります。

自分の考えをまとめる日記代わりに始めたつもりだったのですが、気づけば1400PVになっていました。

好きなことを書きたい放題書いているだけですが、こんなブログを読んでくださる読者の方々に深く感謝いたします。

自分の性格上三日坊主になるかと思ったのですが、意外と長く続いていることに自分でもびっくりしています。

 

f:id:shinkei807:20170314195241p:plain

自分のブログを冷静に眺めてみて、読みづらかったのでレイアウトを整理してみた

ふと自分のブログを冷静に眺めてみたら、あまりに殺風景なことに気がつきました。

せっかく訪問いただいたからには楽しいブログにしていきたいので、まずは見た目を改善しようと試みましたが・・・

ブログ初心者なのでhtmlとかさっぱり分からず・・・悪戦苦闘。

カスタマイズに丸一日かかってしまいました。

数々の先人(私にとってはすでに偉人)たちが、素人でも「コピペ」でなんとかなる方法を残してくれていました。

その中でも最も参考になったのが下記のサイトです。

 

hacogaki.hatenablog.com

このまとめ記事を作成いただいたブロガーのみやび様には深く感謝いたします。

私のようなはてなブログ初心者の方は、一部でもよいのでぜひ参考にされるとよいと思います。

ブログの見栄えがかわることは間違いありません。

書いてあることがサッパリ分からなくてもコピペで対応できる神対応です。

初めに一通りやってしまえば後は記事を書くことに集中できそうなので、何事も初めが肝心だと実感しました。

 

「ハッと」役立つ記事を少しは書いていきたい

ゆるく気ままに好きなことを書いていくというスタンスをかえるつもりは全くないのですが(たぶんそのスタンスをかえるとブログが嫌になってやめてしまう)、訪問いただいた方に「ハッと役立つ」記事を少しは書いていきたいと思います。

 

医師社会以外の人たちとの交流ができたらよいと思う

医師の世界は非常に閉鎖的で、普通に働いていると医療関係者としかまともに話さないことが決して珍しくありません。

今のところ、国民皆保険制度をはじめとする国の社会保障制度にある程度守られている業界のため、不景気とほぼ関係なく働くことが可能です。半公務員的な立場と言い換えてもよいかもしれません。

ですから、好景気だ・不景気だとニュースで流れていても我々は我が身のこととして実感することがあまりありません。社会や経済状況に疎い医療関係者が多いのは上記の理由によるところがあるかと思います。

自分の専門分野の医療に関しては素晴らしい先生であっても、医学以外の分野となると門外漢、下手したら非常識と言われるような先生はざらにいます。

より広い視野を持つためには、医師社会以外の人と交流する必要があると考えていますし、医師という立場だからこそ発信できる情報もあると思います。

一応神経内科に関しては専門ですので、疑問点などありましたらある程度はお答えできると思います。

それでは、今後とも宜しくお願い致します。