読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神経内科医ちゅり男のブログ

「自分が病まない程度にほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

BOSEのノイズキャンセリング技術は一流だと思う

ガジェット おすすめ書籍・モノ

私が愛用しているヘッドホンがBOSEのQuietComfort 35だ。

学会のスライド作成の時、このブログの執筆をする時など、パソコンで一人で作業をする時には必ず使用するほど愛用している。

約4万円と、ヘッドホンにしては高額な部類であるが、それに見合う魅力がある商品だと思う。今まで、ノイズキャンセリングのついたヘッドホンを使用したことがなかったが、これほど快適とは思わなかったために紹介する。

f:id:shinkei807:20170314131520j:plain

スイッチを入れた瞬間に静寂が訪れるすごさ

ヘッドホンを装着してスイッチを入れた瞬間に、音楽を流していなくても周囲の音の大半が遮断されて静寂が訪れる。

もちろん、交通量の多い道路の近くや電車にのっている時には静寂とまでは言えないが、これは安全性とのバランスを考えると仕方がないところ。

図書館やカフェ程度であれば、周囲の人の雑談がほとんどカットされる感覚だ。

私は赤ちゃんの泣き声がすると気になってしまう方だが、これも大部分がカットされていることには正直驚いた。

音楽を流せば周囲の雑音はほとんど気にならなくなるといってよいだろう。

ただし、中には作業に集中したい時に音楽が邪魔だという人もいると思う。こういった人はヘッドホンのスイッチをonにして、音楽は流さずに作業をするだけでも十分にノイズキャンセリング効果を実感することができると思う。

 

必要な音はある程度聞こえるのが不思議であり高評価

ヘッドホンをしている時に自分に向けて話しかけられることがあると思うが、そういった時には相手の言っていることが聞き取れるのが不思議である。

ノイズキャンセリングはただ音を遮断すればよいというわけではなく、必要な時にある程度の音が聞こえる余地が残っているというのは重要だと感じた。

BOSEのノイズキャンセリング技術はこのバランスが絶妙だと感じている。

家電量販店で他社のノイズキャンセリングヘッドホンもいろいろ試したが、BOSEのノイズキャンセリング技術を上回るものは正直なかった。

 

価格はネックだが、数年使い続けられるので本当に目の前の作業に集中したい人にはおすすめ

価格は39960円(定価)と高額であり、数千円でもそこそこの音質のヘッドホンが購入できる時代なので、割高と感じる人もいるだろう。

正直、自分も4万円に見合う音質なのかどうかというのはよく分からない。

しかし、4万円払って、騒々しい環境においても自分の作業に集中できる環境を作ることができると考えれば、決して高い買い物ではないと思っている。

自分の場合、カフェや電車の中などで作業をすることが多いので余計にそう感じるのかもしれない。

あと、このヘッドホンをつけた時は「今は作業に集中する時だぞ」という意識付けができてきたため、余計に集中できるのかもしれない。

今では完全に生活の一部になっており、私にとっては手放せない一品だ。

気になる方はぜひどうぞ。