読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神経内科医ちゅり男のブログ

「自分が病まない程度にほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

東芝の持株会に参加していたら人生終わっていた件

資産形成・投資 日々の気づき

東芝の粉飾決算後の株価下落がすごい

皆さんご存知のように、東芝の粉飾決算前後での株価は大幅に下落をした。

ピーク時は1100円台をつけていたが、今は200円台という大暴落っぷり。

持株会に参加をしていたら人生終わっていたことは間違いない。

f:id:shinkei807:20170316134016p:plain

 持株会に参加することの是非を考察してみる

持株会に参加するリスク

持株会のメリット、それは自社株を購入する時に数%程度の補助が受けられることだろう。当然、業績が右肩上がりならばその分利益も大きくなる。

一方で、持株会に参加するということは、勤めている企業に自分の人生全てを賭けるということに等しい。

昔のように一つの会社(特に大企業)に就職して、定年まで勤め上げれば、後は国民年金+厚生年金をもらって人生あがり、という時代は終わりつつある。

東芝だけではなく、山一證券など、大企業であっても何が起こるか分からない世の中。

そんな世の中で、自分の働く会社を全面的に信用すること自体がリスクだろう。

 

 

自社株を持っていて、汚職が見つかったら早めに損切りするしかない

自社株を大量に保有していて、万が一自分の会社でスキャンダルが発生したらどうするか。それは一刻も早く売り抜けて損切りするしかないだろう。

損切りができず、そのまま保有し続けて「いつかはまた株価が上がるのでは」という淡い期待を持っている人がいるが、まず大失敗である。

自分の会社で働いているのであれば、自分の会社の内部状況に株価が今後上向くようなポジティブな材料が全くないことくらいすぐに分かるだろう。

実際、勤務している社員へのインタビューでは、「社内のムードも真っ暗で、今後人生どうなるのでしょうか」と不安にかられている声が多い。

なのに、株価が急降下しても自社株を持ち続けるのはどう見てもアホでしょ。ネガティブな状況が次から次へと押し寄せ、冷静な判断力まで失ったら負け決定。

 

では、東芝株に今手をだすべきか

東芝株はかなり売られており、今の株価が200円台と底値に近いのは事実。

だが、今回の株価下落は一企業内でのスキャンダルであり、このようなケースは企業体質自体に問題がある可能性がある。

東芝がすぐにつぶれるとは思っていないが、大企業であるほど企業体質は一朝一夕にはかわらない可能性が高く、今後しばらく業績・株価が回復したとしても、またいつか同様のスキャンダルを起こすのではないかとの不安が強い。

よって、自分の場合は見送りだ。

世界的な大不況の時期に、周囲の株安に引っ張られて本来の企業価値以上に割安に売られている優良企業株を買うのは勝率が高い手法。

個別企業の汚職の場合はより慎重になるべきだと思う。