読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神経内科医ちゅり男のブログ

「自分が病まない程度にほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

いわゆる普通の医者はどうやって生きていくべきか パート6

医者の世界

なぜか昨日の医者の結婚に関しての記事が最もアクセス数が多かった。

書きたいことを書き続けているだけのブログなので、読んでもらえる人がいるだけでも感謝。

 

要するに、医者の資産形成で一番手っ取り早いのは医者どうしで結婚して、片方は常勤+アルバイト(日勤、当直)で年収2000万、もう片方は非常勤外来バイトで年収1000万円(当直なし)を稼いで、後者が中心に子育てをするということ。

f:id:shinkei807:20170316124032j:plain

 医者の高待遇がいつまで続くかは不透明

今の日本では男女機会均等や男の育休などとは言うものの、現実的には前者を夫が、後者を妻がこなすケースが多いとは思う。

二人合わせて年収3000万。マイホーム、好きなクルマ、外食、海外旅行行っても余るくらいの収入にはなるはずだ。

自分の場合は、医者とは結婚しなかったからこのシナリオにはなっていないけど、お金のことだけ考えればベストに近い選択だとは思う。離婚しなければね。

 

医師不足が解消すれば、今よりも労働条件は悪化する可能性が高い

ただし、このシナリオがいつまで通用するかは不透明。

医学部新設や定員増で医者の数が増えれば、特にアルバイトは今より時給単価が大幅に悪化する可能性が十分に考えられる。

特に、健康診断や寝当直のバイトなど、特別なスキルを必要としないアルバイトの給与から下がっていくことだろう。

逆に、その地区で慢性的に人手不足の専門外来をやることができれば、今と同程度の高給(日勤で10万円くらい)は維持できるはずである。

つまり、いつまでも医者の高待遇が続くとは限らないため、10〜20年後でも稼ぎ続けられるスキルを持っているかどうかを考えておかないいけない。

特別なスキルがない場合には、今より状況が好転する可能性は低いと考えておくべきで、若い先生は今のうちにたくさん働いて稼いでおこう。

 

女医の場合、早めの結婚を考える

とはいっても、今後5年や10年の短期で大幅に状況が悪化するとは思われないので、もし上記の戦略をとるならば今から10年くらいの間に資産形成を済ませてしまうのが手だと思う。

女医さんの場合は、学生のうちが最も恋愛をする時間もあるので、その頃に相手を見つけておいて、初期研修医〜後期研修医のあたりまでにその人と結婚するのが王道。

でないと、結婚適齢期である30歳前後で専門医試験などイベントが重なってくるため、婚期を逃す可能性が高い。

その年齢で一度別れてしまうと次を見つけるのはなかなか大変。

30歳前の独身男性の医師は、ちょうど働き盛りである程度のスキルも身についてきており、同年代の中では他職種と比べて高給取りのことが多く、人生の中でも一番モテる時期なので、その時期に新たに結婚相手の医者を見つけるのは結構難しい。

婚期を逃した男性医師と結婚するのも手だけど、やはり婚期を逃したのにはそれなりの理由があったりすることも多いわけで。

これは自分が周囲の先生たちを観察していて思ったことを書いただけ。

必ずしも全ての病院や地域で当てはまるわけではないと思うけど、多くの場合はこんな状況ではないかな。

結婚ということに関しては、医者の世界ほど男と女で違う世界も珍しいのではないかと本気で思う。