読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神経内科医ちゅり男のブログ

「自分が病まない程度にほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

投資用マンション勧誘でカモにされるのは医者が多いという現実

資産形成・投資 不動産

投資用マンション勧誘でカモにされる職種で最も多いのが医者らしい。

投資用マンションの勧誘対象になるためには、一定以上の社会的属性が必要だ。

そもそも金を持っておらず、当面の生活をこなすのにいっぱいいっぱいで、マンションを買うことなんて夢にも考えられない人を勧誘しても仕方がない。

よって、投資用マンションの販売業者は、必然的に社会的属性が高く、一定以上の給料をもらっている人たちをターゲットにすることになる。

f:id:shinkei807:20170315215847j:plain

 医者=高収入=絶好のカモの図式

以前にも書いたように、医療の世界は閉鎖社会で、今のところは医者になること自体が比較的ハードルが高い。

よって、今のところ医者の需要が多いため、医者の給料は高水準で維持されており、失業することもほぼ無いため社会的な属性が高くなる。

でも、他にも社会的な属性が高い人達はいる。大企業の管理職レベルであれば、医者と同じくらいの給与か、それ以上の給与をもらっている人はざらだと思う。

では、なぜ医者がカモられるのか?

 

医者は高所得者のわりにはマネーリテラシーが低い

それは、社会的な属性が高くて投資用マンションを購入できるだけの資金がある社会人の中で、医者のマネーリテラシーが最も低いからに違いない。

医者の場合、一般の企業と異なり、好不況の波に左右されることがほぼ無いため、よほど意識的に経済の勉強をしている一部の医者を除いて、経済や社会情勢に全く無頓着といった医者が多い。

医学書は読むけど新聞は読まない、国の経済政策や税制も全く知らない、ただ言われるがままに税金を国におさめており、自分でとれる節税対策もとらないといった医者が驚くほど多いわけ。

もちろん医者は多忙な職業なので、経済の勉強までする時間がなかなかとれないというのもあるだろう。

こういう先生は、一生懸命働いてある程度の給料はもらっていることが多いが、後先何も考えずにお金を使ってしまうので、ほとんど貯蓄がないという先生も多い。

こういった先生が投資用マンションのカモになるんだろうね。

 

投資用マンションでカモられているようでは、資産形成は絶対に不可能

地頭が良くて、せっかく医者になって、医者として優秀に仕事をこなしていても、お金や経済の知識がゼロだったがために、投資用マンションでカモられて人生破産しては目も当てられない。

投資用の区分マンションなんて、物件本来の価格に加えて、広告宣伝費、投資用マンションの電話勧誘をやっている人たちの人件費、新築プライスが大幅に上乗せされているわけだから、普通に考えてもうかるわけがない。

不動産の勉強をちょっとでもすれば分かる、

・空き室リスク(区分マンションは借り手がつかなくなったら賃料収入はゼロだからね)

・賃料下落のリスク(いつまでも新築の時と同じ賃料でいけるわけがない)

・修繕管理面のリスク(区分マンションは一棟マンションと違って管理会社を選べないことが多いから、下手するとどんどん老朽化してしまう)

など考えることもせず、数千万円する投資用区分マンションを言われるがままに購入してしまうのだから、思考が停止しているといわざるを得ない。

購入した直後のキャッシュフローが一見よく見える所とか、節税対策になるとか、良い点だけを強調されてそれを信じ込んでしまうんだろうな。

地頭良いんだからちょっと勉強すれば分かるはずなのに、これで人生終わりなんてもったいないね。

もう買っちゃった先生は、早めに損切りして新たにやり直すしかないと思うよ。