読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神経内科医ちゅり男のブログ

「自分が病まない程度にほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

健康管理ができない医者は医者ではない。運動、睡眠の重要性

医者の世界

今日は趣向をかえて健康について考えてみる。

医者であるならば自分が健康的な生活をして初めて患者にも良い医療を提供できると考えている。

自分が肥満体型で明らかに運動不足、食べ過ぎという状態では、患者に良い生活指導などできるはずがない。

どんなに忙しくても、最低限の自分の体の管理をすることは医者の義務だと考えている。

f:id:shinkei807:20170315221146j:plain

 ジョギングは小さな子供がいても早朝なら可能

私の場合は、健康管理としては5km, 30分程度のジョギングを週4-5回以上行うことをノルマにしている。

以前は夜にランニングをしていたのだが、今は1歳の子供がいるので夜にランニングをすることは難しくなった。

1歳の子供は20時台には寝るうえに、その前は晩御飯を食べたり、風呂に入れたり、寝かしつけなどやることが多いからだ。

そこで、必然的に早朝にランニングをすることになったが、これが自分の生活に意外なメリットをもたらしているので紹介したい。

6時30分前には子供と妻が起きてくるので、それまでが自分の時間ということになる。夏場は4時過ぎに起床して走っていたが、さすがに冬場は非常に寒く、外も真っ暗であるために今は5時に起きて6時頃までジョギングをしている。

冬場のランニングは布団から出るまでが大変だが、いったん走り出して5分もすれば苦にならなくなる。

むしろ、夏場と違ってほとんど汗をかかないため、走っていて快適だしペースも上がることが多い。

なにより、走った後に浴びるシャワーと朝食が最高だ。

そして、朝一番で運動すると脳が勝手に働き出すのかもしれない。以前より午前中の仕事が捗ることが増えた印象がある

問題点は、朝に調子に乗って運動しすぎると仕事中に疲れが出て眠くなったりすること。特に午後〜夕方に影響が出ることが多い。

自分の場合は、朝のジョギングを30分、5km程度に抑えることでこのようなことはなくなった。

 

睡眠を軽視している人が多いが、非常に重要

あと、個人差もあるとは思うが、夜の睡眠を6時間以上確保することも必須だと思う。

自分の場合は、子供ができるまではベッドで寝ていたが、今は子供が寝返りをうって落ちる可能性があるので、妻と3人で布団で寝ている。

その場合、たんすの肥やしになっていたせんべい布団では、肩や腰を痛める可能性があるので十分に注意したい。

睡眠の質は日中のパフォーマンスにダイレクトに影響を与える。

私の場合は、マットレスは西川airのベーシックモデル(ハード)を利用するようになってから、起床時の腰痛に悩まされることがなくなった。

週1〜2回のペースで当直があるが、未だに当直室のベッドで寝ると腰痛が出るので、やはりマットレスの影響は大きいのだろう。

当直のためにポータブルシリーズを本気で購入しようか迷っているが、持ち運びのサイズが大きいのでまだ購入できていない。

枕も同じシリーズの西川air 3Dピローを使用している。枕も大事だとは思うが、自分の場合はマットレスの方が効果が大きかった。

みなさんもぜひ、自分の体に合うマットレスを探し出して欲しい。

医者のような多忙な仕事をしている人ほど、その効果は絶大であるとお伝えしたい。

 

一応、私が使っているマットレスを紹介しておきます。