読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神経内科医ちゅり男のブログ

「自分が病まない程度にほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

サッカー日本代表のメンバーについて考えてみる

たまには趣向をかえてサッカーの話。 当ブログでは、普段は医業やお金の話ばかりしているが、実はサッカーには普段から注目して見ている。 現状での、サッカー日本代表のメンバーについて素人が勝手に考えてみる。

『エコノミスト』のハウジングプア特集はなかなか面白かった

金融資産投資、不動産投資を考えているならば、日々の情報収集は欠かせない。 私の場合、ネットニュース(日経、読売など)に加え、経済誌(エコノミスト、ダイヤモンド)を習慣的にチェックするようにしている。 今週の『エコノミスト』のハウジングプア特…

マイナス金利ということは、不動産価格は最高に近いということ

世間は住宅ローン減税やらマイナス金利やらで盛り上がっているようだが、その影響は確実に不動産価格に反映されているという事実。 それを示すのが下の図。 金利が下がると需要が上がり、それは不動産価格にも反映されるということ。 www.garbagenews.net 上…

ふるさと納税が大ピンチ! 返礼品の金額が寄付額の3割に制限へ

私の大のお気に入りであるふるさと納税がピンチです。 詳細は下記の記事に譲りますが、要するに一部の自治体で返礼品が高額すぎるため、返礼品の額を寄付額の3割までに抑えなさいと総務省から通達が下るようです。 皆さんもふるさと納税を検討している人は急…

逆張り投資家は下げ止まりがないモノに投資をしてはいけない

このブログでは以前から、時間のない医師にも可能な投資手法として、長期保有の逆張り投資を推奨してきた。 もしこの手法をとるのならば、絶対に手を出してはならないものがある。 それは、下げ止まりがない企業や業界の株式だ。

絶好の投資機会は数年に一回程度しか訪れない

私は典型的な逆張り投資家なので、市場が冷え切っていれば冷え切っているほど絶好の投資機会だと考えている。 株式投資において、大多数の人と同じことをやっていて大勝ちすることはない。 もしそうであれば、世の中の大多数の投資家はすでに大資産家になっ…

コメディカルスタッフと良好な関係を築くことで、医者の仕事の生産性も向上する

医者が現場で快適に働くためには、コメディカルスタッフとの協調性が重要。 コメディカルスタッフにも快適に働いてもらえるように配慮することで、自分の業務も効率的に進むようになり、トラブルにも巻き込まれにくくなります。

これから株式投資を始めるのであれば、シーゲル氏の『株式投資の未来』は必ず読んでおきましょう

本日は書籍レビュー。 元々、自分の好きなことを気ままに書いていくだけという趣旨で始まった当ブログだが、気がつけば資産形成や投資に関する記事が多くなってきた。 本格的に投資をしている人がこのブログを見ている可能性は低いと思うので、本日は初心者…

習慣の力は偉大であり、ぜひ積極的に活用したい

新たに物事を始めるには大きなエネルギーが必要ですが、一度習慣化してしまえば継続することは比較的容易になります。 皆さんも実生活で実感しているのではないでしょうか? 本日は習慣の力を生活に活かす方法について考えてみます。

お金は人生の全てではないが、あると得をする場面が多い3つの理由

お金は人生の全てではないが、無いと損をする場面が、あると得をする場面が多いのも事実である。 では、実際にお金があるとどのようなメリットがあるのか考えてみよう。

ETFは非常に優れた金融商品だが、弱点はあるのか?

ETFは手数料の面や、選べる商品ラインナップの豊富さという点において、非常に優れた金融商品であることは当ブログで以前にも書いてきた。 では、そんな優れた金融商品であるETFにも弱点はあるのか? あるとすれば、優良銘柄バイアスではないだろうか。

喫煙が人体に有害なのは間違いないが、パーキンソン病の発症率は下がるという事実

たまには真面目に自分の専門である神経内科関連の話をしてみる。 本日はパーキンソン病と喫煙の関連について。 パーキンソン病は主に50代~70代で発症する神経変性疾患で、有病率は人口10万人あたり150人程度である。 年齢が上がるにつれて発症率も上昇し、7…

医師の投資は手間と時間をかけすぎないことが重要

今日は医師がとりうる投資戦略について考える。 ほとんどの医師に共通しているのは、 ・本業が多忙であり、投資のための勉強時間が十分に確保できない ・投資に割く時間よりも、できれば本業のスキルアップや家族と過ごす時間を増やしたい こういったことだ…

日記のつもりで始めたのになぜか1000PVを超えてしまった

ブログを始めて2ヶ月半になります。 自分の考えをまとめる日記代わりに始めたつもりだったのですが、気づけば1400PVになっていました。 好きなことを書きたい放題書いているだけですが、こんなブログを読んでくださる読者の方々に深く感謝いたします。 自分…

情報が飽和している時代にあえてブログを書く3つの意義

現代では、すでに情報は飽和しており、インターネットの普及によって誰でも無料でほとんどの情報にアクセスできるようになった。 このブログで発信している情報も完全なオリジナルは無く、全ては既存の知識の使い回しということになる。 そもそも、この時代…

BOSEのノイズキャンセリング技術は一流だと思う

私が愛用しているヘッドホンがBOSEのQuietComfort 35だ。 学会のスライド作成の時、このブログの執筆をする時など、パソコンで一人で作業をする時には必ず使用するほど愛用している。 約4万円と、ヘッドホンにしては高額な部類であるが、それに見合う魅力が…

ふるさと納税で生活必需品の家計を節約する

ふるさと納税は本当に便利だ。 医者のような高額所得者の方が有利になっている数少ないシステムの一つだと思う。 年収が415万円(日本人の平均)だと自己負担額2000円での寄付上限額がせいぜい4〜5万円程度なので、もらえる返礼品も限られてくる。 一方で、…

中古マンションは管理状態をみて購入する

中古マンションを購入する時には、物件全体の管理状態をよくみて検討することが重要だ。 中古マンションの利点は、すでに前の入居者が退去した後であれば、内覧が自由にできるということ。 この時、自分が購入予定の部屋の中しか真面目に見ない人がいるらし…

マイホームを冷静に選ぶには自分なりの購入基準を作っておくこと

住宅購入にあたって、今ほど恵まれた環境の時代は未だかつてなかっただろう。 以前は、不動産に関する情報を得ようと思ったら、不動産会社に自ら訪問し、そこでいくつか候補になる物件を紹介してもらうしかなかったはずだ。 ところが、今ではインターネット…

プロフィール

WBC日本代表のキューバ戦、オーストラリア戦を見て思ったこと 野手編

昨日の続き。まずは野手について考えてみる。 ポジション毎に考えて、後で打順を組んだ方がよい気がするのでポジション毎で。 先発ピッチャーの軸は菅野、もう一人は石川か武田で決定。 キャッチャーは小林でいく流れだろうか。今回のWBC日本代表は絶対的な…

WBC日本代表のキューバ戦、オーストラリア戦を見て思ったこと ピッチャー編(先発、抑え)

医者の世界の話と資産形成の話が本ブログの中心であったが、今日はちょっと趣向をかえてWBCの話。 自分が昔野球をやっていたこともあり、野球のシーズンがくるとどうしても注目してしまう。 今回のWBC日本代表に関しては、強化試合の内容が良くなかったため…

弁護士数の増加と処遇の悪化の関連

弁護士の処遇は近年急速に悪化している。 昔は、医者か弁護士は強力な資格であり、一度なってしまえばよほどのことがない限り人生あがりと言ってもよい世の中であった。 ところが、法科大学院制度が導入された後、急速に弁護士数が増加をしたにもかかわらず…

レッドオーシャンを避けてブルーオーシャンで勝負する

レッドオーシャンとは、「競争の激しい既存市場」のことを指す言葉だ。 神経内科で言えば、アルツハイマー病やパーキンソン病などの比較的メジャーな分野での研究、特に早期診断や治療法の開発などは典型的なレッドオーシャン。 世界の第一線の研究者たちが…

東芝の持株会に参加していたら人生終わっていた件

東芝の粉飾決算後の株価下落がすごい 皆さんご存知のように、東芝の粉飾決算前後での株価は大幅に下落をした。 ピーク時は1100円台をつけていたが、今は200円台という大暴落っぷり。 持株会に参加をしていたら人生終わっていたことは間違いない。

ドルコスト平均法の是非を考えてみる

書店に行って投資本を読んでいると、初心者でもできる積立投資といった書籍を見ることが増えた。 内容を見てみると、大半は手数料が安いノーロード投信を中心にポートフォリオを組んで、毎月一定額(数万円程度)を積み立てていくというもの。 そして、年に1…

低金利、住宅ローン減税もいいけど高値で買ったら結局負けという話

以前から話しているようにマイホーム購入は投資の一つ。 人生で最も有利な条件で融資を受けられる唯一のチャンスと考えて良い。 今はマイナス金利、住宅ローン減税などテレビでもさんざん騒がれており、一件マイホーム購入の絶好のチャンスのように思えるが…

マイホーム購入は賃料を払い続けるよりお得です、という不動産屋の罠 パート3

マイホームを購入する時は、数十年後の資産価値がどの程度残るか予測をした上で購入する必要があるということ。 そして、住宅ローンを組むということは借金を背負うことと同義であり、住宅ローンを組んだ段階では厳密にはマイホームになっていないということ…

就職活動をしている学生のテレビ取材をみて危機を感じる

今朝、日本テレビ系のZIPで就職活動生の取材をしていた。 そこでの発言の一部: 「残業はストレスになるので、できるだけ残業がない会社を選ぶ」 「育休や産休がしっかりとれる会社を選ぶ」 「習い事をしているので土日休みは絶対」 「有給は規定通りにとれ…

『私の財産告白』は資産形成を考えるなら必読

今日は珍しく書籍レビューでもしてみる。 資産形成を考えるなら、本多静六の『私の財産告白』は絶対に読んでおくべきだ。 医者の先生方は勤務医であっても年収1000〜2000万はあるはず。 それでもギリギリの生活をしている先生が多いのは、若い時から高給取り…

マイホーム購入は賃料を払い続けるよりお得です、という不動産屋の罠 パート2

昨日の続き。 昨日の要点としては、マイホームを購入する時は、その時点での買値はもちろん重要ではあるが、それ以上に20〜30年後の資産価値を予測して買う必要があるということであった。 次に、住宅ローンを確実に完済できるかどうかという点を考えておく…

マイホーム購入は賃料を払い続けるよりお得です、という不動産屋の罠 パート1

マイホーム購入の時によく聞くのが、 「マイホームを購入した方が、このまま賃料を払い続けるよりお得です。今の賃料と変わりない返済残高でローンを組むことができ、払い終えればそのまま資産になりますから」 といった不動産屋のアドバイス。 お金に関する…

東京オリンピック後の日本はどうなるか(特に不動産)

超高齢化社会を迎えるのが確実である日本。 それもそう遠い将来ではなく、比較的近い将来の話である。 不動産に関しては、特に現在は都心において投資を目的とした需要が多く、不動産価格は高止まりしているのが現状だろう。 東京オリンピックを2020年に控え…

神経内科の魅力はなんだろう(臨床編)

自分は神経内科の専門医だが、神経内科の魅力について考えてみる。 まず第一に、少子高齢化の時代において、今のところは神経内科医の数が全国的に足りていないのが現状だ。 特に地域によっては、神経内科医の常勤医が一人もいない地域というのも存在する。 …

いわゆる普通の医者はどうやって生きていくべきか パート6

なぜか昨日の医者の結婚に関しての記事が最もアクセス数が多かった。 書きたいことを書き続けているだけのブログなので、読んでもらえる人がいるだけでも感謝。 要するに、医者の資産形成で一番手っ取り早いのは医者どうしで結婚して、片方は常勤+アルバイ…

いわゆる普通の医者はどうやって生きていくべきか パート5

最後は結婚について。 医者の多くは医療関係者と結婚する。勤務する病院にもよるが、初期研修医〜後期研修医というのは一般的にかなり多忙なので、他に出会いがないというのが大きいだろう。

いわゆる普通の医者はどうやって生きていくか パート4

前回からの続き。 ・アカデミアの道に進むなら一日でも早く大学院に進学するべき ・アカデミアの道は、教授や准教授など一定以上の立場まで勝ち抜けなければ負け。貧乏でも自分の好きな研究をやっていられれば幸せという人は別ですが。少しは家族のことも考…

いわゆる普通の医者はどうやって生きていくべきか パート3

前回からの続き。 ・初期研修では忙しい病院でたくさん救急当直をやって、早く一通りの疾患の初期対応ができるようになること ・後期研修では、自分の志望科においてスタッフが充実しており、良い研修が受けられる病院(大体は各地方の大きな医局、旧帝大な…

いわゆる普通の医者はどうやって生きていくべきか パート2

前回の続き。 前回は、初期研修〜後期研修の医者になって初めの5年間は下記のような病院で働くべきだという話をした。 ・給料の高い安いで選ばない ・三次救急医療施設で勤務する ・初期研修医のうちから救急外来のメインの戦力としてバリバリ働かせてもらえ…

いわゆる普通の医者はどうやって生きていくべきか パート1

私のような、いわゆる普通の医者はどうやって生きていくべきか考えてみる。 国公立大学の医学部に進学できるだけの学力があれば、医師国家試験に合格すること自体は決して難しくはない。 周囲の友人と同じペースで勉強をしていればまず合格できると考えて良…

マイホーム購入は純然たる投資です

マイホーム購入は純然たる投資です。 住宅ローンは融資条件が非常に恵まれてて、人生で一回だけ使える切り札のようなものだと考えていい。 何も考えず、思いつきのままに家を購入してしまう人もいるみたいだけど、自殺行為としか言いようがない。

楽々節約するための3つのコツ

節約というと、食費を減らす、外食を減らすといったイメージを持っている人が多いかもしれない。 これらの方法は確かに有効ではあるが、極端に食費を減らしすぎると健康や精神面への悪影響が出てくることもある。 作戦としては、自分の意思と関係なく節約が…

資産形成において成功するためのコツを一つだけ挙げるなら

資産形成において成功するためのコツを一つだけ挙げるならば、「多数派に乗らない」ことだろう。 例えば、景気がよくて株ブームがテレビや経済雑誌で取り上げられる時期・・・ 多くの投資初心者がテレビなどの宣伝にのせられて投資の世界に踏み入れ、損失を…

windowsではなくmacbookを使い続ける理由

自分は2010年以降、一切windowsを使っていない。 macbook pro, ipad, iphone利用者、いわゆるアップル信者といってもよい。 先日、ビジネスマンの間で評判のよいモバイルPCであるレッツノートを利用する機会があったのでmacbookと比較してみたい。 結論から…

確定拠出年金、これはやらない手はないでしょ

今日は確定拠出年金について。 以前は401kという名前だった気がするけど、今はiDeCOとか言うらしい。 2017年から制度が改訂され、勤務形態によって掛け金の上限額の違いはあるものの、誰でも加入できるようになった。 一番大きいのは、掛け金が全額所得控除…

医師の生活は実際にはギリギリ。医師にとってのアルバイトの位置づけ

ほとんどの医者にとってアルバイト収入は生活に欠かせないものになっている。 勤務医の年収は大病院で1000万〜1300万程度、小規模な私立病院では1500万〜1700万程度が一般的ではないかと思う。 日本人の平均収入が400万ちょっとという事実を考えるとかなりの…

医師増加時代を生き抜くためには

今後、医学部の増設や定員増に合わせて、医者の需給関係は改善に向かう可能性が大きい。 病院側からすれば医師の確保に悩まなくて済むわけだから良いのだが、実際に現場で働いている医者にとってはただごとではないだろう。 今、医者が比較的高待遇で働くこ…

もし自分が脳梗塞になったと仮定して

普段神経内科医として勤務している中で、もし自分が脳梗塞になったらどのような病院でどのような医療を受けたいか、ということを考えてみる。 まず、初めに搬送される病院について。これは必ずしも自分で選べるものではないが、仮に選べるものとして考えてみ…

日本人研究者と英語論文

ご存知のように、学術論文の世界では英語論文で書くというのがスタンダードだ。 日本語論文が評価されないというわけではないが、日本語で書いてしまってはせっかくの発見を世界に知らしめることができなくなる。 世界的に見て日本語を読み書きできるのはほ…

ふるさと納税は初心者でも実行可能な税金対策

みなさんはふるさと納税を有効活用しているだろうか? 利用していない人は今すぐ活用した方がよい。特に医者のような高収入の方の場合、自己負担2000円での寄付金上限額が高くなるため、年に数万円分の返礼品が無料でいただけるシステムになっているからだ。